年齢肌のケア


年齢を重ねるとともに気になってくるのはお肌です。お肌のケアを怠ってしまうと年齢がそのまま肌に表れてしまいます。実年齢より見た目が若い方に共通するものはお肌が年齢よりも若くハリがあることです。しかし、見た目が若い方でもお肌の手入れをしないとすぐに年齢が肌に表れてしまうので、現時点で若い人はスキンケアを欠かしていないからです。20代の肌のままを初老になっても保つのは非常に厳しいですが、少なくともお肌の老化を遅らせることはできるのです。スキンケアを怠らなければ若さを維持できます。

お肌のスキンケアには方法がいくつかございます。基本的には化粧水が多いでしょう。化粧水はスキンケアには欠かせない保湿の役割があります。化粧水も種類が数多くあり、様々なメーカーからも出ています。その中でも値段もバラバラで一体何を選べばよいか分からない人もいるでしょう。基本的に高いから良い、安いからダメではなく、自分の肌に合うかどうかが肝心なのです。

お肌のトラブルで多いのが基本的にシワ、たるみ、シミでしょう。シミができる原因は紫外線によるメラニン色素の増加と過剰なクレンジングやマッサージとなっています。しわの原因は乾燥、表情じわは肌の弾力がなくなること、老化が原因となっています。たるみはコラーゲンが減少して皮膚の脂肪が下がってしまうことが原因です。それぞれの肌のトラブルは肌年齢に直接かかわります。当サイトでは年齢肌のスキンケアについて説明します。